初めての法律相談

先日、実家近くの区役所で法律相談を受けました。
理由は別居や離婚を考えていたからです。

きっかけは遡ること約二ヶ月前です。
我が家では度々二人目の子供をどうするかということで意見が衝突します。
今回は今まで以上に本気でぶつかったといえるでしょう。
このとき経済面が大きく影響するとわかった主人は義母が管理する主人名義の口座を自分に管理させてくれと義母に申し出ました。
この口座は1000万円ほどあると主人の叔父から聞かされていたので、それをなんとかしようとしたのでしょう。
すると、義母からは“ない”という思わぬ返答をいただきました。
衝撃的でした。
このとき私の頭によぎったのは二人目のことより保険です。
ちょうど数ヶ月前このお金があることを前提で保険を組んだからです。
主人は持病があり通常の保険では加入できないものもあり、全ての保険に加入できるまでに半年かかりました。
もちろん主人には1000万円の貯金があることを前提で話をすすめると事前に伝えました。
その1000万円がないとなると主人が亡くなったとき非常に困ります。
私はこのとき保険のことで頭がいっぱいでしたが、お金と二人目のことで義父母と話し合う必要ありました。
そしてそこでさらに義母からは“一人っ子は欠落している”、義父からは“一人っ子は片輪だ”といわれショックを受けました。
主人が一緒にいたにも関わらず全くかばってくれなかったことに関して私は憤慨しました。
それからDVを受け適応障害になって実家に帰り、法律相談を受けることを決意したのです。

しかし、私は法律相談がどういうものか分かっておらず別居か離婚かはっきり決めておりませんでした。
30分の無料法律相談だったので質問したいことを何時間もかけてまとめたつもりでいましたが、気圧されしてしまいました。
相手は法律のプロ、人生相談のようなつもりでおりましたが全てにおいて甘かったです。
結局、別居か離婚かに絞る必要があったようです。
友人に付き添ってもらったにも関わらず、法律相談が終わった後は頭がパニック状態になっていました。
ですが、争うにしても今のままではこちらが圧倒的不利だということが分かったので良かったです。
おかげさまで証拠がいかに大切かということを学べました。